HOME > ジョニー・デップ出演の名作

20才のとき、ニコラス・ケイジと出会い、俳優へ転進することを決めたといわれる、ジョニー・デップ。今ではパイレーツ・オブ・カリビアンをはじめ、さまざまなハリウッド映画で世界中から人気を集めています。

そんな彼が初出演したのは、オーディションで見事チャンスを勝ち取ったエルム街の悪夢。その後、ブレイクの端緒となったシザーハンズ出演を経て、ティム・バートン監督とは長年の名コンビを築くことになります。シザーハンズで演じた、はさみの手を持つ人造人間のエドワードの姿は、多くの人に楽しさと深い感動をもたらしました。

自分のイメージが縛られる、あるいは商品として扱われることを嫌う彼は、活動の場を映画に限定しているようです。娯楽対策で異例のアカデミー主演男優賞にもノミネートされ、今ではハリウッドを代表するトップスター。彼の出演した名作映画、こんなにあるんです。

シザーハンズ

ティム・バートンの原点にして彼のすべてと言っていい傑作映画です。この作品でジョニー・デップはハサミの手を持つ人造人間・エドワード役として、愛する人に触れようとすると傷つけてしまうという究極の矛盾に...

エド・ウッド

“史上最低の映画監督”エド・ウッドや、ボリス・カーロフなどの古典ホラースター俳優を敬愛するバートンとデップの想いを形にした作品です。「監督の為に何でもする」姿勢を取る俳優ベラ・ルゴシと...

スリーピー・ホロウ

ティム・バートン=ダークファンタジーの式が定着化した決定的な作品が本作。この中でジョニー・デップは「首なし連続殺人事件の謎を解くべく、ニューヨークからやって来た捜査官」という...

チャーリーとチョコレート工場

ロリポップなビジュアルに目を奪われて見逃してしまいそうですが、実はかなりダークなポイントの多い作品。デップは本作で、わがままな子供とそのダメ親にお仕置きする“変人”ウィリー・ウォンカを...

スウィニー・ドット フリート街の悪魔の理髪師

スティーヴン・ソンドハイムによるミュージカル『スウィーニー・トッド』をバートン&デップの最強コンビが映画化しました。デップが演じるスウィーニー・トッドは無実の罪を着せられ理不尽な扱いを受けた末...

アリス・イン・ワンダーランド

いくつもの暗喩やレトリックが点在する奇本『不思議の国のアリス』をバートンが映像化。この作品でデップは非常に奇抜な格好の典型的な狂言回しキャラクター、マッド・ハッターを演じました...

ダーク・シャドウ

1996年から71年まで全米で放送されていた昼ドラが劇場版として登場。ジョニー・デップ演じるバーナバス・コリンズは18世紀に魔女アンジェリークに呪いをかけられ地中深くに埋められてしまう...

ラム・ダイアリー

ハンター・S・トンプソンの小説を原作として作られたジョニー・デップ最新主演作が本作。デップが演じるのはニューヨークからカリブ海のプエルトリコの新聞社に就職した、ジャーナリストのポール...

ホームページ テンプレート フリー

Design by